5月 15

子育てママもネイリストに

結婚と妊娠、そして出産という形で職場を離れた女性の皆さんの中にはもう一度働きたいという人もいると思います。
労働はお金を得るための手段というだけではなく、生きがいとしても人生を豊かにしてくれる側面を持っているからです。
ネイリストといえばネイリスト求人からネイルサロンに就職するという流れが一般的に思えますが、
実は子育てをしているお母さんたちがネイリストとして働くことも少なくないのです。
今回は、ネイリストの一つの形態である子育て中のネイリストの働き方について詳しく見ていきましょう。

ネイルサロンに就職してしまうと、お店側の都合で働く時間や出勤時間が決められてしまうことがしばしばです。
こうなってしまうと、小さなお子さんがいる人にとっては働きやすい環境とはいえませんよね。
もちろん、保育所や幼稚園を利用して、ネイルサロンで働くというのも悪い選択肢ではありません。
しかし最近では、出産してから暇を見つけてネイリストの資格を取得し、自宅でサロンを開業するというお母さんも増えているのです。
自宅ネイルサロンの魅力は、自分の都合で営業時間を設定出来るという点です。

お客に関しても、限られたコミュニティの中でのみネイリストとして活動することも可能です。
具体的な例を挙げると、ママ友同士の集まりのときにネイルの施術を施してお金をもらうといった形です。
これであれば常時お店を開いていなくても、臨時収入を得られることになります。
お子さんの面倒はママ友に見てもらいながら、一般的なネイルサロンよりも低価格で
施術をしてあげればお互いにメリットを享受出来るのです。
限られたコミュニティをさらに広げて、ご近所の方々の自宅に招いてネイルの施術をするというのも自宅ネイルサロンのスタイルといえます。

お子さんがある程度大きくなったらもっとお客の対象を広げるのも良いですし、
出張ネイリストとして働いたり、美容関連施設でネイリストとして雇ってもらったりすると良いでしょう。
ネイリストに関わる資格は通信講座でも取得可能です。
ネイルの技術だけでなく、お店を開くために必要な知識を教授してくれる講座もあるので、
自宅ネイルサロンを開きたいときはこちらを利用することをおすすめします。

開業する際にはお客が座るために椅子とネイルアートに必要な道具さえ揃えば、
すぐにでも自宅サロンを始められるというのも魅力といえます。
ネイリストとして働き始めようと考えている人は、こうした形のネイリストもあることを頭に入れておくと、
将来結婚や出産で一時的にネイル業界から離れたときも、復帰しやすくなることでしょう。

5月 10

ネイリストが資格を持つ意味

ネイリストになるにあたって、資格を取得することが重要と考えている人も多いと思います。
しかし実際のところ、法的には何の資格も持っていない人がネイリストとして働いても問題はありません。
極端な例を挙げるならば、入ったばかりの素人がいきなりお客に対して施術をすることも、現実にはあり得るのです。
とはいえ、現実のネイルサロンではそういったことはほとんど起こり得ないといって良いでしょう。
今回は、ネイリストが資格を持つ意味について詳しくご紹介します。

ネイリスト求人には資格を持っている人を優遇するという文言が記載されていることも少なくありません。
ネイリストが持っていると良いとされる資格には、JNAやINAといった機関が主導するものが一般的です。
どちらもネイルアートに関する権威ある組織であり、
厳正な検定試験をパスした人間にだけ資格が与えられるのです。
具体的には、ネイリスト技能資格というネイルに関する基本的な知識や、
発展的な技術に関する資格や、ジェルネイルに分野を絞った検定を持っているネイリストが多く存在します。

こうした資格はネイリストを雇う側だけでなくネイリスト本人にとってもメリットがあるのです。
資格を持っているということは、その資格を取得するのに必要な最低限の知識や技術を持っている証になります。
ネイルサロンなどでは即戦力に近い人材を雇いたいというケースも少なくないので、
雇い入れた人間が資格を持っていれば研修にかける時間も少なくて済みます。
ネイリスト求人をもとに就職活動をする人も、資格によって自分の知識や技能をアピールすることに繋がるのです。

ただし、資格を持っていることが全てではないというのがネイリスト業界の特徴ともいえます。
実際にはこうした資格を持つことなく活躍するネイリストもいますし、
多くのお客と向き合うことで自然と技術を獲得して言ったという方もいます。
そういった方々が自分の技術や知識のレベルを確かめるために、
後から資格試験を受けるということもあり得るわけです。
資格を持っていることはネイリストとしての就職を有利にする一因となりますが、
ネイリストとして働き始めてからはさらに自分の持っている技術を深めていくことが求められます。

ネイリストの資格にはプロ向け、すなわちネイリストとして何年も働いた人でなくては
取得するのが難しいものまで存在し、これを目標に日々研鑽するネイリストも少なくないのです。
資格はネイリストになるうえで不可欠とまではいえませんが、
持っていることによって自分の実力に証を立てると同時に、モチベーションとしても機能してくれるのです。

5月 6

働きたいネイルサロンを選ぶ

ネイリスト求人に記載されているネイリストのための職業として、最も多く目につくのがネイルサロンです。
ネイルサロンはその名の通り、ネイルアートを施すための施設であり多数のネイリストが在籍しています。
近年ではネイルに対する関心が高まってきており、男性でもネイルサロンを利用する人が見受けられます。
今回は、働きたいと思えるネイリストの見分け方や探し方について詳しく見ていきましょう。

ネイルサロンを比較していくうえで役立つのが各お店のホームページです。
ホームページは本来お客に向けた情報が発信されている場所ではありますが、
ネイリスト志望の方が見ても役立つ情報が隠されています。
例えば、そのネイルサロンで施している施術の種類です。

マニキュアやジェルネイル、スカルプチュアといったネイルアートの基本はもちろんのこと、
フットケアや指のマッサージ、男性向けのネイルケアといった幅広いメニューを取り揃えているネイルサロンも少なくありません。
ネイリスト志望の方に注目していただきたいのは、お店独自のコンセプトを持っているかという点です。
この時期おすすめのネイルやネイリストが勧めるジェルネイルデザインなど、
ネイルサロン独自のデザインやネイルの様式をアピールしているところは、ネイルに関する研究意識が高いといえます。

ネイルアートは時代と共に進化を続けており、流行も日々変化します。
そんな中でトレンドを逃さずに取り入れていこうという取り組みは、
ネイルサロンが経営的に安定するために欠かせないのです。
いつも同じデザインで、何度か通っていると飽きてしまいそうと感じたネイルサロンよりも、
日々新たなチャレンジをしようとホームページの情報を更新しているネイルサロンの方が、働く側にとっても刺激となるのです。
ホームページを閲覧するだけではなく、実際にお客として足を運んでみるのも、働きたいと思えるネイルサロンを探すときに有効な方法です。

ネイルサロンは癒しの空間としても利用されている昨今、お客がリラックスして過ごせるような雰囲気を演出しているかチェックしましょう。
お客が過ごしやすいということは、そこで施術をするネイリストにとっても優しい空間であるといえます。
照明やBGM、インテリアなど五感の全てに訴えかけてくる情報が、ネイリストの味方となってリラックス空間を形成しているのです。
また、ネイリストの接客態度にもご注目ください。
楽しい職場であればネイリストがお客に対するときの態度にも表れています。
ご紹介したような観点でネイルサロンを探しつつ、ネイリストへの道を少しずつ進んでいきましょう。

5月 1

ネイリスト勤務の実態

これから働く職場がどのようなものなのか、事前に知りたいと考える人は少なくありません。
ネイリスト求人にはネイルサロンを筆頭にネイリストが働く職場に関する情報が記載されています。
しかし、そこに書かれている情報だけで全てを理解した気になるのは早計です。
今回はネイリストがどのような形で雇われ、働いているのかについて詳しく見ていきましょう。

ネイリストジョブ https://www.nailist-jobs.jp/

ネイリストの多くが就職することになるネイルサロンは、お店によって勤務形態が変わってきます。
なぜかというと、営業時間はお客に合わせて変化するわけですから、
ネイルサロンの側もお客が来やすい時間帯に営業時間を設定することになるわけです。
そのためネイルサロンで働きたいと考えている人は具体的な営業時間がどうなっているのか、
シフトなどの勤務体系に関する詳細はいつ知ることが出来るのかを確認することをおすすめします。
ネイリストは一人前になるまで研修期間を設けて働くことになります。
この間は直接お客の相手をするというよりも、
先輩や上司に従って業務の流れや具体的なスキルを学んでいく時間になります。

ただし、研修期間がどれくらい続くかもネイルサロンによって異なることを覚えておきましょう。
即戦力が欲しいお店であれば研修は短く済ませてお客と対面させることもあります。
一方で、研修期間を比較的長く設け、じっくりと下積みさせてから
お客に施術をするという形のネイルサロンも存在するのです。
どちらが良いかは簡単に判断することは出来ませんが、
研修だからといって油断していると実際にお客の前に立ったときに上手く施術が出来ずに困ってしまうことでしょう。

ネイルサロンに雇われた段階で、もうプロのネイリストなのだという自覚を持って研修にあたってください。
ネイリストが働く職場はネイルサロンだけではありません。
ブライダル関係のネイリストや、様々な美容関連の人たちが集まった複合的な施設では
ネイリスト以外の職業人と交流することになります。
こうした施設で働く際には、ネイルのことだけでなくその他ファッションや
ヘアスタイルといったおしゃれに関する豊富な知識が求められます。
雑誌の撮影やテレビCMなどの現場で働くネイリストになるという人もいることでしょう。
仕事のためにネイルを飾り付けたいという人たちにネイルを施す際には、何よりも素早さが求められます。
お客とじっくり話してというよりも、手早く正確にネイルアートを施す技術が不可欠なのです。
ネイリストになりたいという人は、自分の性格や理想とするネイリスト像に合った職場を選択してください。

4月 24

リピーターを獲得するネイリスト

自分の持つ技術一つで生計を立てようと考えている人が仕事をするうえで重要なのは、多くのリピーターを作ることです。
ネイリストに関しても同様のことがいえるのです。
ネイリスト求人をもとにネイリストになりたいと考えている方は、
働き始めてからお客が何度も足を運んでくれるようなネイリストを目指す必要があります。
今回は、ネイリストがリピーターを獲得するためにすべきことについて詳しく見ていきましょう。

ネイリストはお客の憧れの的になることで、美容のプロであるという印象を抱かせることが肝要です。
ネイリストであるにも拘わらず、自分の爪は飾ることなく
ファッションにもこだわらない人の施術を受けたいと思うでしょうか?
オリジナルのデザインを施した爪でさりげなく自分の技術をアピールすることはもちろんのこと、
ヘアスタイルからファッションまでトレンドを取り入れたヴィジュアルを意識してみてください。
こうしたネイリストは常におしゃれに関するアンテナを張っていると思われます。

お客は視覚から取得出来る情報で人間、ひいてはネイリストを判断することも多いので、
自分の見た目に気を使うことがネイリストとして成功するための第一歩といえるのです。
ただし、見た目だけ着飾っても実際に施術をしたときの態度に問題があっては元も子もありません。

お客のタイプを見極めたうえで、それに対応した接客を披露するのもリピーターがつくネイリストの条件といえます。
お話し好きで、口を動かすことが大好きというお客に対しては
ネイリストの側から積極的に話しかけて、楽しい雰囲気を演出しましょう。
反対に、あくまでネイルを施している間はリラックスしたいと暗に訴えかけてくるお客も存在します。
面と向かってネイリストに「話しかけないでください」とアピールする人は少ないので、
ネイリストの側がお客の意思を汲み取って、施術に専念することが良い関係を築くためのポイントです。

細かい気配りを発揮するには常日頃から人と接し、様々なタイプの人間を見極める技術を身に着けるようにしましょう。
アルバイトをしながらネイルサロンへの就職活動をするのであれば、接客のアルバイトをすることで、お客に対する観察眼を養うことが出来ます。
ネイリストは接客業としての面も備えているので、こうしたアルバイトは将来ネイリストとして働くときにも役立つのです。
爪を彩る煌びやかな職業に見えるネイリストですが、その影では上記のような配慮を欠かしません。
ネイリストを目指す皆さんは、リピーターを獲得することを目標に仕事に臨みましょう。